熊本の郷土料理店「青柳」の二代目女将のブログ


by kura_yasu2

<   2005年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

日記

ほぼ一日の仕事日記みたいになってますね。
市議会議員の先生のお話で、とても大好うきな方なんですが、一万回スクーターに乗っていろいろな場所で講演をされていました。あともう少しで一万回だそうです。
今も続けてますか?と聞いたら「自分の今後の生き方を考えてからかな」と。例えば私は若女将だけどいつかは女将にならなきゃどういけない。女将になったら今と同じような状態ではいけないでしょう?と言われました。本当にその通りですね。自分もそうじゃないかなと、このままでいけないのではないかと。
ただ私は未熟だからかも知れませんが、貫き通せるのもかっこいいのではないかな?なんて思っちゃいました。
そのとき同席されてた方が「立場が人を創るときもあるんだよ」と。いい言葉ですね。
考えてみれば、若女将にさせてもらったからこそお店のこと、料理のこと、お客様のこと、いろんなこと考えるようになったのかもしれません。
ではならせてもらったからには、お客様にも支えてくれてる従業員のみなさんからも認めてもらえる若女将にならなきゃ!と思いました。

さて、別席で日本語について教えていただきました。「北海道はどうしてついたの?」「近畿はなんで?」「除夜の鐘はなんで108回?」「年越しそばはなぜ食べる?」「会社は何で会社とついたのか?」「洋服は?呉服は?和服は?どれ?」などなど。
いままで深く考えたことなかったのでとても勉強になりました。

これからたこの季節ですね。うちの主人は北海道の人で北海道もたこはあるけど、熊本のたこはおいしいと言ってます。
ご賞味下さい。
[PR]
by kura_yasu2 | 2005-04-28 12:38 | お店のこと

子供の成長

子供を産んで一番は「母」に感謝したこと。感謝って分かってるつもりだったし、してるつもりだった。だけどいつも母に感謝が足りない・・・とおこられてました。
それについて喧嘩ばっかりだったけど、してるつもりは相手に伝わってなければしてないことになるんですよね。
そして本当に子供ができるまで、親の気持ち、大変さそんなことちっとも分かってなかったです。
今、真剣に母である女将に感謝し、尊敬しています。そんな本当に思う気持ちはやはり伝わるのか少し認めてくれてるような気がします。
こういうことは、いつもお客様が教えてくれるんです。前はちゃんと聞いてなかったのかもしれないけど最近は心に響きます。そしてきっと女将のことを大好きでいてくれるんだろうな、私もそういうお客様に思ってもらえる女将になりたいなと思います。
私がいうものなんですが、うちの女将は一度会ってもう一度会いたいと思ってもらえる人なんです。熊本弁と英語でなんだか一番心が通い合うことのできるひとだからかな?

子供は親を見ていいことも悪いことも真似するじゃないですか。
そうやって気をつけて、考えて行動するようになるのではないでしょうか?子供の成長で親にならせてもらう!ありがたいことですね。

仕事もしてるつもりじゃなく、かけがえのないものを残せるといいですね。
[PR]
by kura_yasu2 | 2005-04-26 03:13 | 私のこと

そろそろ

「しゃく」の季節がやってきました。
有明海の干潟でとれる「しゃこ」に似ているけど違う、見た目はグロテスクだけどおいしい食べ物です。うちに来たらぜひ食べてみてください。
珍味として「しゃく」の味噌をひとつひとつていねいにとってつけた「しゃくみそ」はのんべーにはたまらない一品です。
なかなかたくさんは作れないのでメニューには載せてません。裏メニューです。

弟の店は海の近くにあります。そこで漁師さんや生産農家の方々がいっぱい来てくれます。
直接、顔が分かる方から購入できるのはとても嬉しいことです。
明日、弟達は船に乗って漁に連れてってもらえるそうです。私も子供が大きければ一緒に行けたのですが・・・なかなか身動きできないものです。悔しいな。

熊本には「塩とまと」「塩みかん」など塩田でとれた甘みの強い食べ物ができるのです。
その中にはキャベツやブロッコリーなどもあり、これがゆでるだけで本当に美味しいの。
自然が与えてくれた「ご褒美」だそうです!いいでしょう!これも近々見学に伺う予定です。
またみなさんにご紹介します。
[PR]
by kura_yasu2 | 2005-04-24 23:38 | お料理のこと

きき酒会

熊本県の酒蔵は13箇所あります。その県酒会が年に1回あるのですが、きき酒で当てるのです。私はおととしと今年とでて二回とも全部当たりました!とっても嬉しかったです。
誰よりも真剣ですもの・・・。色と匂いで。動物みたいですが蔵によって麹なのかな?匂いが違うんです。
これに少し図にのって「きき酒士」を勉強しに東京に行こうと思い申し込みました。
お客様の好み、料理に合わせてお出ししたい。そして何よりも熊本を気に入っていただきたいために。熊本のお酒と熊本の料理、素材はとてもいいものだと思います。
今日、福岡出身の友人が「熊本はいい素材がたくさんあるよね」と言ってました。そうなんです。おいしくいろんなものがあるのが当たり前だからきっとあまり努力しないところがあったのかもしれません。宣伝不足とか・・・
来ていただいたお客様に満足いただける、そんなお手伝いができるように今のうちに勉強できることはしたいものです。
[PR]
by kura_yasu2 | 2005-04-22 01:28

昨日

五年前、結婚式の代わりというかお披露目会というのをさせていただいた際に司会をしていただいた方が偶然うちのお得意様と一緒に来店されました。
「覚えてますか?」といわれピンときませんでした。大体一度店でお会いした方はそうそう忘れないのに・・・と思いつつ。
「青柳の親子を励ます会の・・・」とおっしゃられその素敵な声で分かりました。
「いい声は生まれ持ったものですか?訓練ですか?」と聞いたところ「ハートです」と。
その方たちが幸せにとか良くなって欲しいとか思わないとなかなかできない仕事だそうです。
「慣れましたか?」「緊張の毎日です。やはり母(女将)はすごいです。お客様の心をあっという間につかんで離さないときなど、私にはマネできないなとおもいます。」
そうしたら「禅のお坊さんは必ず目標の方をつくりいいところを真似するそうです。まねてまねて死ぬまでまねし続ける。完全にマネはできないかもしれないけど自分の味になり成長できるそうです」と教えていただきました。
いいところをマネ、そして頑張り続けること、大切ですね。
子供もそうですもの。うちの子は1歳ですが、最近私のすることを真似するようになりました。そうすると親はちゃんといいことだけしようと心がけるものなんですね。’子供に親にしてもらう’
よく言ったものですね。
[PR]
by kura_yasu2 | 2005-04-14 02:22 | 私のこと

桜満開

福岡放送のめんたいワイドにうちの馬刺しが取り上げていただきました。
うちの馬刺しがとてもおいしそうだったからと突然電話がかかってきて。
熊本で放送されなかったのでビデオを今日見ました。やはり見なければ良かった。ダイエットしなきゃいけないな・・・と反省しました。
でも馬刺しやお料理はとってもおいしかったとスタッフの皆さん喜ばれていたし、馬刺しの良さがでていたので嬉しかったです。
お客様の会話でいろいろなおもしろい話や勉強になる話があります!例えばF社の支店長に「活き烏賊の目の中の色は何色?」と聞かれそこまで食べたことがなくて分からなかったです。
もっと探究心をもって食べたり考えたりしなくちゃいけないなと思いました。
教えていただいてありがとうございます。
面白い話では、かえるを飲むと喘息が治ると聞いて20匹飲んだ先生の話。本当に治ったらしいけど、飲むときに吸盤が喉に引っかかったので、もういち度だして水の中でかえるをくるくる回して酔わせて飲んだ話は最高でした!それにしても誰でも本当に治るのかしら?
[PR]
by kura_yasu2 | 2005-04-10 02:16 | 私のこと

庭の桜が咲き始めました。とてもいい春日和でとてもきれいだったので見て欲しくって。
明日は熊本城の桜はどうか見て見ましょう!
今日はお客様より教えていただきました。「村八分」とよく言いますが村には10個の決まりごとがあって村八分しても残りの二分(2個)はちゃんとしますよ。その二つが葬式と火事だそうです。
これって、知ってて当たり前のことかもしれないけど私は知りませんでした。でもことことがなんだか素敵だと思ったのです。
村八分ってこと自体いけないことかもしれないけど、いろいろあったとしても二つは大切なことだから助けたり、礼儀だったりそういう大切にしなくてはいけないんだよ。と教えてもらったような気がしました。少しそういう当たり前のことを忘れているような・・・
言葉って意味があってちゃんと使わなくてはいけなんだなと改めて思いました。
お客様にいつもいろいろ教えていただく、本を読むことも勉強だけど経験を積まれている方の言葉を聞ける私の仕事に感謝です。

[PR]
by kura_yasu2 | 2005-04-02 01:41 | 熊本のこと